家を買うということは人生における一大事であり、何度も経験することではありません。
大きな買い物だからこそ、しっかりと準備したいものですね。
そこで、新築物件を住宅ローンを利用して購入される際の一般的なケースにおける見学からご契約、
引き渡しまでの流れをご紹介致します。

ご見

何はともあれ、まずは 1 件でも良いので見学してみることをオススメ致します。
実際に現地を見てみることで担当しているスタッフや会社の雰囲気、物件を検討するうえで気を付ける点などを感じ取れると思います。
ご見学の際は、気になった点やお家探しにあたって不安なことなどお気軽にご相談ください。

資金計画

物件をご購入する際には、物件価格以外にも火災保険や登記費用などの諸費用やオプションでかかる工事代が発生致します。 TK・ハウジングセンターでは、お客様のご希望をお伺いしながら無理のないプランをご提案致します。 資金計画はお客様と協力して作り上げるものになりますので、ご要望はどんどんお申し付けください。また、費用の内訳はもちろん疑問点などがありましたらきちんとご説明致しますのでご安心ください。

購入物件の決定

決断は大胆に、だけど慎重に。
家というのは多くのお客様にとって、人生で一番大きなお買い物になります。ご自身が物件に満足し、納得してご購入頂くことは大前提ですが、価格や金額面での負担や、無理のない通勤・通学経路、老後の生活など、将来まで見据えたうえでご決断されることが大切です。
しかし、条件の良い物件というものは他にも購入を考えているお客様がいらっしゃいますので注意が必要です。

購入申し込み

お客様にご納得頂いたうえでご購入されることが、お客様にとっても、今後長いお付き合いをさせて頂きたいと考えている当社としても一番です。
そのため、TK・ハウジングセンターでは押し売りは決して致しませんのでしっかりと熟考されたうえでご決断ください。

住宅ローン事前審査

購入申込と同時に、住宅ローンの事前審査を行います。
審査は大体1週間以内で完了します。住宅ローンには固定金利・変動金利、返済期間、団体信用生命保険の内容など金融機関ごとに多種多様なタイプがございます。当社としても一番良い条件で住宅ローンを利用して頂きたいと考えておりますので、お客様のライフスタイルや可能な返済金額などをご相談しながら、最適な金融機関をご提案致します。
事前審査をするに当たって、以下の書類をご用意頂きます。
・運転免許証・保険証の両面コピー
・直近の源泉徴収票、または給与明細
・印鑑(事前審査の時点では認印でも問題ございません)

契約前に契約内容や権利や各種法律等の詳細を重要事項説明書と売買契約書の読み合わせをしながらご説明させて頂きます。
重要事項説明は法律で行わなければならないと決まっており、購入後にこんなはずじゃないなど後悔しないためにも必要な説明です。
重要事項説明書や契約書の内容が理解・納得できたら契約の締結を行い、書面にご署名・ご捺印、手付金のお支払いを行って頂きます。

住宅ローンの本審査をする際は、下記をご用意頂きます。(参考例)
・売買契約書
・重要事項説明書
・ご実印
・印鑑証明書(3か月以内のもの)
・住民票(家族全員記載、本籍・マイナンバー不要)
・給与明細書(源泉徴収票)
・所得証明書
・免許証・保険証のコピー
事前審査の結果により、お客様によって必要書類が異なります。
その際は当社の担当からきちんとご案内致しますのでご安心ください。

通常本審査は約10日前後で結果が出ます。
本承認がおりましたら、銀行と金銭消費貸借契約をして頂きます。
金銭消費貸借契約とは、お客様が金融機関から金銭を借り入れてその金銭を消費し、その借入額と同等の金銭(利息付の場合は利息分も含めて)を銀行に返済するという住宅ローン契約の事です。

お引き渡しをする前に物件の最終確認をして頂きます。
境界の確認や建物のチェック、設備の使い方のご説明などをお客様、売主様、当社の三者で行います。
それらをきちんと確認して頂き、問題がなければお引き渡しとなります。

待ちに待ったお引き渡しです。
この日に鍵の受け取りと売買代金のお支払いを同時に行います。引き渡しを終えれば、その時点で物件はお客様のものになります。
ご見学からご契約、お引き渡しまではスムーズに進めば1~2か月程度です。お引き渡し日を逆算して、お引越しの計画を練られることをおススメ致します。
お引渡しが終わった後も何か問題があればその都度ご対応致します。お住まいになった後も末永いお付き合いを頂ければ幸いです。

物件を探してみる